初詣の専門職・相談員

初詣の専門職・相談員3

職業と仕事

初詣の専門職・相談員3

初詣のキャリアカウンセラー

キャリアカウンセラーとは?
個人の能力や趣味、価値観、特性をもとに、最も望ましい職業選択やキャリアアップを専門的な立場から支援するのが仕事。再就職やキャリア支援のための研修や社員教育、コンサルティングなどを行う。厚生労働省は高失業率の要因のひとつとして「雇用のミスマッチ」を挙げ、雇用対策、問題解決のために、キャリアカウンセラー育成を推進している。
初詣のキャリアカウンセラーになるには?
公的な資格はない。民間の企業が認定する資格には多くの種類がある。日本キャリア開発協会の場合、米国のキャリア開発協会NCDAのカリキュラムをベースとしたCDA試験がある。厚生労働省は、2002年より厚生労働省指定の試験を受ける社員がいる企業に対して助成金を給付する「キャリア形成促進助成金」制度を実施している。

初詣の結婚相談員

結婚相談員とは?
独身男女の良縁づくりを促進するため、個人の相談業務をする。
結婚相談員になるには?
学歴不要。世話好きな人。
結婚相談員の業態など
市町村(特に過疎地方)に設置している結婚相談所に勤務、または一般企業でも多く募集・就業している。お見合いパーティやイベントの企画も担当する
結婚相談員の就業者数またはその動向など
就業者数は不明。中高年女性がほとんど。

初詣の家庭相談員

家庭相談員とは?
家庭相談員は、子どもの問題で困ったり悩んだりしている人に対し、相談に応じて必要なアドバイスや指導を行う仕事。児童相談所へ通告したり、児童相談所から指導委託を受ける場合もある。
初詣の家庭相談員になるには?
高卒以上は必要。人格円満で、社会的信望があり、健康で、相談員の職務に熱意と見職を持っている人のうちから、自治体の長が委託として任命する。社会福祉士の資格を取得しておくと、仕事に役立つ。
家庭相談員の業態など
社会福祉事務所や自治体の福祉課などに勤務。非常勤の特別職員。自治体によって異なるが、任期は2〜3年。相談に関しての守秘義務があり、任期が終了したあとも、義務は続く。


初詣の専門職・相談員TOPに戻る